漢方の杏村 ご紹介

どんなお薬でも、100%の効果はあり得ません。
しかし、1%でも、もっと効果が上がるようにと、
毎日、本場の中国漢方を勉強しています。
効き目で選ぶなら、「漢方の杏村」です。

国際中医師 鍼灸師の店主 深谷彰 がご相談いたします。
(注 国際中医師は日本の医師ではありません)

愛知県名古屋市南区立脇町2−3
JR笠寺駅前
電話 052−824−1741
Fax 052−824−1707

定休日 日・月・祝日
営業時間 10:00−19:00

予約優先ですので、ここから予約して下さい。
初めての方はあらかじめ問診票をお送り頂くと相談が
スムーズです。
問診票はお送りいただかなくても大丈夫です。


店内の様子
右側は、松浦漢方の10日分1500円から2500円程度の
お求めやすい価格の漢方薬です。



中成薬コーナー
イスクラ産業の中成薬。
中国製でも日本の医薬品の基準に基づいて
作られていて、厚生労働省の認可ずみです。 
最終段階で、日本で255種類の農薬のチェックがされています。


落ち着いた相談コーナー





トップページに戻る