生理痛の原因は、大きく分けてがあります。
虚とは体に必要なものが足りない状態。
実とは、余分な毒素などが多い状態を言います。

生理痛の場合、実が多く、虚は少ない傾向がありますが、
よく観察してみると虚と実が入り交じっている事が多いようです。

実の場合

 気滞
  生理前にイライラしやすく、胸が張ります。
  生理痛は、つるような痛みで、激しい時とそうでない時とムラがあります。
  仕事でストレスが多い場合などに多く見られます。
  よく使うお薬は、利気作用のある漢方薬などです。

 淤血
  血液のよごれが原因です。
  生理の色が黒っぽくなり、固まりが出ます。
  刺すような痛みが特徴です。
  痛む場所は固定しています。
  子宮内膜症などが有る場合は、このタイプが多いようです。
  よく使うお薬は、活血化淤の作用があるものなどです。

 寒凝
  生理中に冷やしたりして、子宮の中に寒邪という邪気が入り込んでおこります。
  激しい痛みが特徴で、暖めると少し楽になり、
時に吐き気、頭痛などを伴います。
  普段から透明なおりものが多くなる傾向があります。

 湿熱
  食事の不摂生や生活の不摂生などで体内に湿熱という毒素が出来ておこります。
  現代医学的には、炎症などです。
  黄色い匂いのあるおりものがふえたり、痒みがあったりするのが特徴です。
  清熱利湿の作用のあるものなどを使いますが、
症状がひどい場合は、まずお医者さんの検診をうけてください。

虚によるもの

 気虚
  エネルギー不足です。
  ふだんから疲れやすい、胃腸が弱い人に多いようです。
  補気作用のものなどを使います。
 血虚
   血液の不足です。
   生理の量が増えると、腰から下が抜けるようにだるくなります。
   補血作用のものをよく使います。




トップにもどる