高プロラクチン血症の漢方治療

[ 戻る ]

プロラクチンというのは、母乳を分泌させるホルモンです。
それと同時に、排卵を抑制して、生理を止め、妊娠を阻害する働きがあります。
授乳中には、プロラクチンが沢山分泌されるので、生理が来なくなります。
ところが、人によっては、授乳中でないのにこのホルモンが多く出てしまい、
生理不順をおこす事があります。
このような状態を高プロラクチン血症と言います。
また、血液検査ではプロラクチンの数値が高くない場合でも、
プロラクチンに対する感受性が高い事があります。
この場合も高プロラクチン血症と同じ状態になります。


西洋医学的な方法では、「テルロン」や「パーロデル」を使いますが、
吐き気などの副作用が強く、続けて飲めない場合があります。
このような場合は、漢方治療が有効です。

漢方的にプロラクチン血症は、陰陽のバランスがくずれている事が原因と考えています。
体質に応じて、漢方薬で陰陽のバランスを整えていく事が大切です。
陰陽のバランスをとる漢方としては、補腎陰、補腎陽の作用のあるものなどがあります。
また、麦芽が昔から母乳の分泌を押さえるものとして利用されていました。

また、プロラクチン血症の中には、プロラクチノーマといって、
脳下垂体に良性の腫瘍が出来て、プロラクチンが多く分泌される場合があります。
このような場合、体質に応じて、漢方薬を使う事が大切ですが、効果は弱いと思います。

高プロラクチン血症について、もう少し詳しく知りたい方は、こちらをどうぞ。